脱毛サロンで失敗しないために

脱毛エステに通うことを検討している人の中には、いろいろな不安が頭をよぎって、なかなか一歩を踏み出せないという人も多いのではないでしょうか。脱毛エステで失敗しないために、ありがちな失敗談から学んでみましょう。
全身脱毛の料金と回数について

脱毛で気になることと言えば、「痛み」です。 特に、あまり痛みに強くないタイプの人はとても気になることでしょう。 最近の脱毛エステで多いのが、光脱毛などと呼ばれる、特殊な光を照射して、毛根に刺激を与えて脱毛を行う方法です。

年々、改良が進んで痛みは少なくなり、脱毛効果はあがっていると言われています。 それでも、全く痛みがないわけではありません。

しかし痛みというのは、そもそも感じ方に個人差が非常に大きいので、一概には言えないのも現状です。 イメージとしては、輪ゴムでパチンとはじかれたような、種類の痛みであることが多いでしょう。

その瞬間に、ちょっとした熱さを感じたり、逆に冷感を感じたりすることもあります。 機材の種類や、出力、個人によっても差がありますが、我慢できないような痛みと感じる人は少ないでしょう。

部位によっても、痛みの感じ方に差があり、腕や足に比べると、顔やデリケートゾーンなどは痛みを感じやすいようです。痛みが心配で、失敗したくないという人は、新規向けの安いプランでまずは試してみるとよいでしょう。

ただし、脱毛というのは1回の施術で効果が出るものではありません。 毛には毛周期と呼ばれる生えかわりの周期があって、今見えている毛がすべてではないからです。

一般的に、脱毛によってその効果が分かるには、早くても3回、普通だと5~6回の施術が必要と言われています。どうしても我慢ができないような痛みであった場合は仕方ないですが、脱毛効果を実感するには、5回くらいは通うことが必要だと覚えておきましょう。

プラン選びについても、最低でも5回前後施術してもらえるようなものを選べるとよいですね。 最近では多くの脱毛エステで、4回~6回のプランが用意されていますので、まずは試してみてはいかがでしょうか。
銀座肌クリニック

髭を脱毛する為に要する期間はどれぐらい?

男性でも、青髭や濃い髭に悩んでいる方はいらっしゃるかと思います。 髭を綺麗に剃っている方が、周りが受ける印象も やはり比較的良いイメージとして持たれますしね。

それに、髭脱毛をする事で、青髭やかみそり負けもする事なく 肌も綺麗に見えるので、若々しく見えたり、爽やかな印象を与える事も出来ます。

そんな髭を、完全に綺麗になくしたいと言う希望がある場合は ヒゲ脱毛をすると言う手段もあります。 人それぞれ、量や生える範囲に差がありますので、期間の目安としては 大体半年から2年ぐらいになるかと思います。

脱毛直後の肌は、敏感で荒れやすくなっているので、 短期間に繰り返し何度も施術をする事は避けましょう。 他の肌トラブルも引き起こしかねなくなります。

そして、「ヒゲを完全になくすまでに、長い人で2年も必要なの?」と言う意見もあるかと思いますが 一番初めの施術でも、ほとんど抜けてしまうと思いますので 3回目ともなれば、量自体も、最初に比べてだいぶ減っている事の方が多いので 必ずしも、2年かかると言う訳ではありません。

あくまでも、期間の長さには、個人差があると言う事です。

また、青髭になっている、なりやすい状態の人に関しては、 それだけ量も多いと言う事ですし、その分脱毛期間も増えてしまいますが 青髭にはなっておらず、一般的な髭の場合だと 大体1年ぐらいで施術が終わるケースが多いそうです。

施術後当初は、髭の膨張により、かえって濃くなっているようにも思いがちですが これは俗に言う 「どろぼう髭」と言われるもので、数日から1週間も経てば、毛根細胞が壊されていきますので それがポロポロになって剥がれ落ちてきます。

このような工程を何度も繰り返せば、徐々に髭の量も減っていき、 最終的には脱毛をしたと言う状態になります。

まずは初めに、量等を確認しておいて、それから美容クリニック等で 個々に悩みをご相談する方法が良いかと思います。

ヒゲ脱毛は男性だけじゃない!

ヒゲと言うと、男性ならではのものを想像しますが、 意外にもヒゲに悩まされている女性も多いのです。 女性の場合、鼻の下に生える産毛のようなヒゲを脱毛してみたいと言う意見が 圧倒的に占めているそうです。

ただ、注意点ですが、女性がヒゲ脱毛を行うのであれば、 その理由としていくつか挙げられるものがあります。 女性のヒゲは、男性のヒゲとは異なり、産毛のようなヒゲが多く その為、レーザーや光が上手く反応せず、綺麗に脱毛出来ないと言う点があります。

レーザーや光脱毛の施術は、基本的に色素の濃いもの(黒いもの)に反応を示すので 青髭の場合は反応して脱毛出来るのですが、産毛のような細いヒゲだと、 色素も薄く、反応しない部分があるので、完全に取り除けない事があり、 脱毛しきれないといった問題があります。

また、レーザーに関しては、直接肌へレーザーを照射する施術ですので、 肌にかかるダメージが大きくなりますので 敏感肌や、肌が弱い人には、不向きとされています。

そして、脱毛したからと言って、油断してはいけません。 脱毛を経験した事のある人なら、ご存じの方もいるかもしれませんが、 脱毛をする事によって、その刺激が、かえって毛根細胞を活性化してしまい、 産毛として生えてきていた部分が、太く硬い毛となり、生えてきてしまうケースがあります。

脱毛をしたからと言って、このような状態に必ずしもなるとは言い切れませんが 中には、そういった状態になる可能性もあると言う事です。 これは、女性のヒゲを脱毛した場合は、滅多に聞かない話ですが、 背中の産毛の脱毛を行った際に、そういった状態になる人もいるそうです。

硬い毛になってしまう仕組みは、今のところまだ詳しく解明されていませんが 万が一のケースを想定し、レーザーや光脱毛は、避ける方が無難でしょう。 男性のヒゲを脱毛するのは、元々太目で硬い毛質なので、特に心配する事はいらないかと思います。

ただ、鼻の下部分の脱毛なので、多少なりとも痛みはあるようですが それでも完全に脱毛したいと希望するのであれば レーザーや光脱毛より、針を使った脱毛の施術を受ける事で 永久脱毛が可能となりますので、その方法がおすすめです。

メニュー

ページの先頭へ